北九州市小倉北区の整体・交通事故治療 足立山整骨院 >  ぎっくり腰をクセにしない

ぎっくり腰をクセにしない

2014-08-13

ぎっくり腰北九州市小倉北区の皆さま、こんにちは! 足立山整骨院です。
 
ぎっくり腰、なったことありますか?もし経験があるなら・・・ それはそれは大変だったことでしょう。
 
想像以上の痛み・動けない自分の身体。誰かに頼らないとどうしようもない。
 
それがぎっくり腰です。
 

  • 立ち上がったら急に腰に激痛が起きた
  • 階段昇っていたら、腰に激痛が起きた
  • モノを持ち上げたら、腰に痛みがはしった
  • 急激な腰の痛みで動けない

 
ぎっくり腰の恐ろしいところは、一度なると「クセ」になりやすく、何回もぎっくり腰になってしまいがちなところです。例えば、こんな風にぎっくり腰の頻発で悩む人が多いのです。
 

  • ぎっくり腰になったとので、病院で治療を受けた
  • 痛みが治まったので、普通の生活に戻った
  • しかし1か月もしたら、またぎっくり腰が起きてしまった
  • また病院に行って治療を受けて、痛みが治まった
  • またすぐにぎっくり腰になってしまった・・・

 
院長こんなぎっくり腰の頻発に悩んでしまっている人、実は多いです。あなたも重いあたる節はありませんか?
 
これには理由があります。それはあなたが今まで、ぎっくり腰の対症療法しか受けて来なかったのです。ぎっくり腰を起こす本当の要因が、ずっとずっと身体に残っているために、またすぐにギックリ腰が起こってしまっているのです。
 
そんなクセ付けが起こらないぎっくり腰の対処が必要です。そしてそこまで行うのが、足立山整骨院の施術なのです。
 
今回は、なぜぎっくり腰がクセになりやすいのか、そしてその対処法について説明しましょう!ぎっくり腰の再発で悩んでいるあなたは必読です。
 
 

ぎっくり腰は急に起こっているわけではない

背中の痛みぎっくり腰って何かというと、急性腰痛症とよばれるもので、急に腰部に激痛がはしる症状です。
 
急な動作、重い荷物を持とうとしたとき、体を捻ったときなどに起こっていることがほとんどです。
 
急な動作や重みなどで、腰付近に筋肉に負担がかかり捻挫にってしまい、痛みが出ているのです。
 
しかし「急」というイメージがありますが、実はぎっくり腰は急に起こっているわけではありません。ジワジワジワジワとあなたの腰に負荷がかかっており、疲労が蓄積しており、それが急な動作や重みをキッカケとして爆発してしまっただけなのです。
 
爆発すると筋肉が損傷・炎症し、大きな痛みが起きます。これをぎっくり腰の本質的な問題だと勘違いしてしまいますが、炎症は湿布を貼ったり冷やしたりすれば、自然と治まっていきます。
 
重要なことは、腰に疲労が蓄積してしまう要因を取り除くことなのです。
 
 

体のゆがみが、ぎっくり腰をクセにさせる

骨盤ぎっくり腰は体のゆがみにより起こります。体のゆがみがあるせいで、腰周辺の筋肉がコリ固まってしまい、日々腰に負担が蓄積し、ある急激な衝撃でその蓄積が爆発して、ぎっくり腰になるのです。
 
つまりぎっくり腰をクセにしないために、ぎっくり腰の再発を止めるためには、炎症を抑えるだけではなく、「体のゆがみ」と「筋肉のコリ」を整えないといけないのです。
 
より具体的に言うと、
 

  • 骨盤の歪みを整える
  • 腹直筋・臀部・ふとももなどの筋肉を緩める
  • 姿勢を整える

 
この3つを整体を通して実現することが、あなたのぎっくり腰体質を解消するために必要なのです。
 
そして病院の電気治療やマッサージなどでは、この「体のゆがみ」と「筋肉のコリ」を本当に整えることは出来ないのです。
 
ぎっくり腰の再発体質から解放されたいのであれば、まずは足立山整骨院にいらしてください!
 
 

足立山整骨院のぎっくり腰施術

当院では、つぎの3つのアプローチでぎっくり腰を対処します。
 
 
①炎症を抑える電気・冷治療

炎症は温めてはいけません。また患部を刺激してはいけません。
 
電気治療や冷治療で炎症を抑えていきます。

 
 
②周辺の筋肉をゆるめる

炎症部分を緩めてはいけませんが、周辺の硬縮した筋肉は緩めておかないと、根本治療にはなりません。
 
筋肉をゆるめて、炎症部分への負担を減らしていきます。
 
また血行を促進させて痛み物質を流すことで、痛みを減らします

 
 
②骨盤のゆがみを整える

そして骨盤を整えて身体のバランスを整えることで、腰周辺の筋肉に再び負荷がかからないようにしていきます。

 
 
④日常生活のアドバイス

クセになりやすいぎっくり腰を、クセにしないために、日常生活で気を付けて欲しいことをお伝えします。
 
最初はなかなか大変かもしれませんが、意識的に変化させていくこと次第になれていきます。

 
 
この4つのアプローチで、目の前にある痛みに対処しつつ、将来起こりうる痛みを予防していくのが、足立山整骨院の施術の特徴です。
 

ぎっくり腰体質から解放されるために、何回施術を受ければ良いのか?

みなさまとして気になることは、何回くらい施術を受ければ良いのかということでしょう。料金も時間も心配になると思います。
 
ぎっくり腰が頻発してしまうほどの筋肉の問題・ゆがみの問題、とてもひどい状態である可能性が高いです。なので正直申し上げると、最後まで改善するまで時間がかかる可能性もあります。
 
なので、まずは時間がかかるかもしれないことは知っていただきつつ、あくまで平均的な目安をお話いたします。
 

・目の前の痛み・シビレ 5回前後
・ゆがみ/筋肉を整え再発防止 プラス5回~10回
・改善後の体のメンテナンス 1回/月

 
これはあくまで平均的なお話なので、これより多くなる可能性もありますし、少なくなる可能性もありますことを、ご理解ください。
 
受付
 
 
ぎっくり腰は非常に大きい痛みのために、一度起こってしまうと外出先でさえも動けなくなってしまいます。
 
そんな痛みが再発しやすい体というのは・・・ 普通に生活することすらままらないでしょう。
 

■もしそれが、大事な商談の前に起こってしまったらどうすますか?
■赤ちゃんを抱えたまま、誰もいないところで起こってしまったらどうしますか?
■楽しみにしていた旅行の前日に、ぎっくりしてしまったら、どうしますか?

 
そうならないためにも、ぎっくり腰は目の前の痛みだけでなく、ぎっくり腰が再発しない身体の状態にまで戻すことがとても重要なのです。そしてそれを行うことが、足立山整骨院のぎっくり腰施術なのです。
 
ぎっくり腰になってしまったら、まずは当院にいらしてください!病院でダメでも、諦めないでください!当院があなたの最後の砦になりましょう!

コンタクト
北九州市小倉北区の整体・交通事故治療 足立山整骨院 >  ぎっくり腰をクセにしない
Copyright(c) 2013 北九州市小倉で整体・交通事故治療 足立山整骨院 All Rights Reserved.