北九州市小倉北区の整体・交通事故治療 足立山整骨院 >  交通事故治療 >  交通事故の後遺症について

交通事故の後遺症について

後遺症
 
交通事故で怖いことの1つは、「後遺症」が起きる可能性があることです。
 
交通事故後の後遺症は、事故の治療をせずにいた人だけでなく、病院で交通事故治療を受けた方も起こっていることです。
 
レントゲンで検査して異常がないのに、身体の調子が悪い・・・ そんな方は後遺症である可能性が大きいでしょう。
 

目に見えない後遺症

交通事故後の後遺症は、目に見えてわかりにくいものが多いです。
 
例えば
 

  • 頭痛・めまい・吐き気
  • 身体のダルさ・手の震え
  • 集中ができない
  • 頭ぼーっとする、手がシビれる

 
ただの身体の不調かと思っていたけど、どれだけ時間が経っても良くならない。
 
そういった交通事故の後遺症で悩まされないためには、早期に適切な処置を受けることが必要です。
 

病院での治療と同時に、整骨院での処置も重要

院長交通事故後の治療では、まず病院に行くことが何よりも重要ですが、同時に整骨院での処置を行うことも重要です。
 
病院では外科的な処置は出来るのですが、それ以上のことをするのは難しいです。
 
例えば後遺症の元となりやすい、筋肉の過度の硬縮や頸椎・骨盤のゆがみなどへの処置は、病院では行っていません。
 
後遺症の残らない交通事故治療は、早期にそして適切に行うことがなにより重要です。
 
病院で出来る治療と、整骨院でできる処置、両方を適切に受けていくことで、後遺症が残らないようにしましょう。
 
 
※万が一後遺症が出てしまってそれがなくならかった場合、時間が経ちすぎていると、自賠責保険を利用できないこともあります。やばり早期の処置が好ましいと思います。
 
 
コンタクト

北九州市小倉北区の整体・交通事故治療 足立山整骨院 >  交通事故治療 >  交通事故の後遺症について
Copyright(c) 2013 北九州市小倉で整体・交通事故治療 足立山整骨院 All Rights Reserved.