北九州市小倉北区の整体・交通事故治療 足立山整骨院 >  交通事故治療 >  交通事故による「むちうち症」

交通事故による「むちうち症」

むちうち
 
交通事故で一番悩まれることが多いのが「むちうち症」です。
 
むちうち症というと、「首が痛い」という症状と思われている方が多いですが、それだけではありません。
 
むちうち症には、多くの自覚症状があります。たとえば
 

  • 頭痛・めまい・吐き気・倦怠感
  • 食欲不振・神経過敏・睡眠障害
  • 消化器系の機能低下
  • 身体全体がふらつく・脱力感
  • 力が入らない

 
などなど。とにかく例を挙げればきりがないほど、むちうち症の症状というのはたくさんあるのです。
 

症状は、時間が経ってから起こることもある

むちうちむちうち症で怖いのは、事故後にこういった症状がでるのではなく、数日・数週間経ってから出始めることが多いということです。
 
「むちうち」というのは、交通事故の衝撃で首だけでなく、頚椎・靭帯・神経・血管等の損傷などが起こっているということです。
 
表面的な痛さだけでなく、身体の軸である頚椎・靭帯・神経・血管等の損傷しているので、様々な症状が表れてくるんです。
 
だから交通事故治療で重要なことは、事故後にすぐに治療を行うということです。
 
痛みがなかったとしても、必ず医療機関で診断を受けておいた方が良いでしょう。痛みがなくても、頚椎・靭帯・神経・血管等の損傷があるのですから。
 

むちうちは、段階的な治療が必要

むちうち症はは、外傷・内傷が複合している症状なので、すぐにすべてを治療できるわけではありません。
 

外傷:捻挫・打撲・肉離れ・骨折・脱臼・炎症
内傷:頚椎・靭帯・神経・血管等

 
まずは外傷を抑えていくことから始まります。外傷を抑えないと軽い刺激であっても強い痛みを感じてしまい、内傷までアプローチできなからです。
 
外傷を抑えた後は、内傷にアプローチしていきます。整体などで、硬縮してしまった筋肉を緩めたりして、神経や血管への負担を取り除きます。
 
場合によっては頸椎がゆがんでいる可能性もあるので、そこを調整することもあります。
 
そうしていってはじめて、むちうち症がちゃんと治っていくのです。
 
つまり、交通事故後の治療では、傷が消えたからオシマイではなく、後遺症がでてきないための治療をしっかりと受けておくことが、なにより大切なことなのです。
 
交通事故による身体の不調を根本的に解決したい方は、足立山整骨院までご相談ください!
 
コンタクト

北九州市小倉北区の整体・交通事故治療 足立山整骨院 >  交通事故治療 >  交通事故による「むちうち症」
Copyright(c) 2013 北九州市小倉で整体・交通事故治療 足立山整骨院 All Rights Reserved.